DANKAN☆渡の雑記。 話題沸騰中のアレ、気になるあの子のソレ、 オレについて書き連ねるブログです☆ミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子社会人放浪旅行記 第一回「作並温泉」 2/2

 っべー、一ヶ月も経っちまったからさっぱり覚えてねー>< マジベーな

正直言うと工場見学が面白すぎて肝心の旅館の中での出来事は
あんまり印象に残ってないのですよw 良い宿でした、つうのは確かなんだけどね。


つうわけで作並旅行報告、2/2始まります^^
牛の腸並みに長いので注意!
 工場見学を終わらせたのち、16時頃に再びホテルへ戻ってきました。
フロントから鍵を受け取り、部屋へGO。13階というなかなかの高さの部屋。

CIMG0026_R.jpg
なんか部屋狭いように感じますね。実際広くはないんですけど。
家族全員一般人の体型ですので、みんなデカいとかそういうわけではありません。
チェ・ホンマン一家は参考にならないのでNG。

お楽しみの部屋のお菓子は、なんかでっかい煮豆でした。なにこれ?
味が普通すぎたので画像を撮り忘れました。あ~甘く煮た豆だね。うん。
もちろん、お土産コーナーで売ってました。ジャックと豆の木ばりに家に植えるのだろうか。

CIMG0027_R.jpg
近くを川が流れております。景色も良し。ただ鍵が開かず、網戸などもないので寝るとき
ちと暑かったです。旅行の時くらいエアコンではなく自然の風で涼みたかった><

CIMG0030_R.jpg
あ~美味かった、つうわけで夕食です。
食べ終わってから撮るの思い出し、仕方なく空皿をw食事は朝夕共にバイキングでした。

特に夕食のメニューは、「東北みちのくキャンペーン」
なるものをやってまして、各地の料理が並んでいました。
 旅行に行ったらいつも絶対2kgは太って帰ってくる自分なので、今回は
戒めて、ご飯と汁物食べたら終わりにしようと決めてました。まぁ食ったんですけど

 だって、ねえ?牛たん食べ放題とか聞いたら勿体ないと思うじゃないですか。
最高に美味かったです^^ 

 バイキングって食っても食わなくても結局同じお金払うんですよねー。
いやまぁ当然だし、それだけ聞くと
「沢山食った方が得じゃないか!」とか思いそうですけど、
氷河期じゃあるまいしご飯なんかいくらでも食べられるこのご時世、たくさん食っても
脂肪になるだけなんですよね。そのあとしばらく食べないならいいですけど、
そんなわけないですもんね。あれば食っちまいますw

食べたほうが得だからといって満腹を我慢して食べても美味しくないですし、
翌日の体重計で悲鳴を上げるのはもはや必然です。

散々食った自分が言っても説得力ないですけど、このバイキングって方式は
どうなんだろうな(つかいらないだろ)、と思います。
アンチバイキング会興していいすか?

ただ、このホテルのご飯は最高に美味しかった。こんなクオリテイ高い
バイキングははじめてだze

CIMG0025_R.jpg
部屋に戻ると布団が用意・・・って最初からされてましたね。ベッドですしね。
あっこのせいで部屋狭く感じたのか。

 食ったらすぐ寝るをドクトリンに掲げる、豚のような私は夕食後すぐ風呂へ。

 残念ながら写真ありません>< まぁ当然だw
露天風呂で星を眺めていると、遠くへ来たものだとしみじみ感じます。県内だけど。

会社の先輩後輩の間柄でしょうか、お湯に足をつけて長く語らいをする二人の御仁も。
こんなところだと会話も弾みそうですな。どこまでも広がる星空の下では、
ささいな隠し事も明るみに出ちゃう、つうわけですね。
 なんともリラックスできるい~い空間でした。


ウィスキー工場の感想などの今日一日を家族で振り返りつつ、
22時を回ったところで旅の疲れかストンと眠りに落ちました。
タオルケットがなかったので若干不機嫌になりましたが、
素晴らしい一日を送れたことに感謝しながら、就寝・・・。

 翌日5時起床。旅人の朝は早い・・・。
ペットを起こすいつもの時間帯に起きてしまった。

 しょうがないので二度目の風呂へ。
ほんでおっさん方朝早すぎィ!せっかく貸切だと思ったのに~

そんで朝食。
CIMG0032_R.jpg
普通だな!
うん、普通に美味しいです。もっと夕食で珍しいもの食べておけば良かったー、と後悔。
この時点では体重を計っていない。

CIMG0033_R.jpg
CIMG0034_R.jpg

食べ終わって周りを見回すと、色々飾りがあったんですね。料理ばっか見てて気付かなかった。
七夕飾りっぽいのは仙台リスペクト?
私が宿泊した日には何もありませんでしたが、劇場みたいなのもやるのかもですね。


食べ終わった後、出発する前にもう一度風呂に入ってきました。
風呂上がりに体重計に乗った俺が大粒の涙を流し、せきとめ湖になったというのは
ギリシャ神話でよく知られている話です。


10時、ホテル出発。バスに乗り、惜しみながら作並の地を後にしました。

正直ホテルでの一泊はネタ的な要素が少ないものでしたw
 
ホテルで笑えたこと→トイレして立ち上がったら浴衣の裾が便器の中に漬かっていたこと
         (割合→泣9:笑1 しかも大浴場更衣室の中の。どうすりゃいいの?)

ブログ的には工場の方がオイシイですけど(w)、癒されるという面では
いい時間を過ごせました。笑いっぱなしだと疲れますしねw
 
 「適度な興奮に適度な癒やし」。これが旅行の醍醐味とちゃうんか?


お金がかかることですので気軽には言えませんが、是非また旅行行ってきたいと思います。
車中泊で、っていうのも考えてたんですけどね。まそれはおいおい。


では次の旅行記で。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

だんかん☆渡

Author:だんかん☆渡
名前:だんかん★わた。似てるからか、よく反町さんとも言われます(大嘘)

性別:男

職業:会社員という名のプロリハビラー

趣味:料理・ダイエット・ペットと遊ぶ等々・・・

自己紹介:
 生まれは独立国家、宮城県塩釜市。鮪大国(笑)
実家住まいで、復職支援施設に通っています。

無二の相棒、べてる(バイク)を失ったものの、ペットのミラ(犬)と共に人生という名の荒野を突っ走る20歳。

学校でトローチを舐めて、先生に注意されるも
「喉が悪いんで、ごめんなさい」といって見逃してもらい、
そのうちフルーツのど飴→小岩井ミルクキャンディー
と調子こいていくタイプ。
 もちろん数日後にはポケットPANG★PANGされてあえなく御用となった(まるみえ風)

超絶飽き性で、趣味・目標がコロコロかわる。ブレない安定した人生をおくりたいものです。

炉火純青を目指して底辺から這い上がろうとする社会人(仮)。

最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。